kawole
   
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

kawole

Author:kawole
kawole(カオル)

vocal,voice,reading,pandeiro etc
bossa/brasil、musica Argentina、experimentalにいろいろ音楽をやっています。


1st DemoAlbum poema de anatomia 解剖の詩学

*kawole at MySpace
MySpace Japan

*mail to kawole

moonphase

CURRENT MOON

KANSAI artbeats

tokyo art beats

what's that time?

ブログパーツ

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

リンク

museum&gallery

[OSAKA]
◇国立国際美術館
◇大阪市立東洋陶磁美術館
◇大阪市立美術館
◇サントリーミュージアム天保山
◇大阪市立近代美術館建設準備室
◇大阪民族学博物館
◇ベルギーフランドル交流センター
◇port gallery T
◇ddd Gallery
◇ARTCOURT Gallery
◇Gallery Yamaguchi Kunst-Bau
◇pantaloon
◇ギャラリーほそかわ
◇アート遊
◇subterraneans

[KYOTO]
◇京都国立近代美術館
◇京都国立博物館
◇細見美術館
◇何必館
◇京都文化博物館
◇堂本印象美術館
◇京都芸術センター
◇美術館えきKYOTO
◇京都国際マンガミュージアム
◇白沙山荘橋本関雪記念館
◇大山崎山荘美術館
◇ギャルリー宮脇
◇MATSUO MEGUMI+ VOICE GALLERY pfs/w
◇タカ・イシイギャラリー
◇Gallery KODAMA
◇アートゾーン神楽岡
◇Gallery SOWAKA
◇小山登美夫ギャラリー
◇恵文社一乗寺店
◇同時代ギャラリー

[KOBE]
◇兵庫県立美術館
◇神戸ファッション美術館
◇神戸市立博物館
◇大丸ミュージアムKOBE
◇神戸市立小磯記念美術館
◇芦屋市立美術博物館
◇芦屋市谷崎潤一郎記念館
◇伊丹市立美術館
◇大谷記念美術館
◇姫路市立美術館
◇ギャラリーヤマキファインアート
◇tanto tempo
◇paxrex

[NARA]
◇奈良国立博物館
◇奈良県立美術館
◇大和文華館
◇喜多美術館

[SHIGA]
◇滋賀県立近代美術館
◇佐川美術館

[WAKAYAMA]
◇和歌山県立近代美術館
◇熊野古道なかへち美術館

[TOKYO]
-ueno-
◇東京国立博物館
◇国立西洋美術館
◇東京都美術館
◇東京藝術大学美術館
◇上野の森美術館

-roppongi area-
◇森美術館
◇森アーツセンターギャラリー
◇国立新美術館
◇サントリー美術館
◇21_21 DESIGN SIGHT
◇ギャラリー間
◇泉屋博古館 分館
◇P-HOUSE
◇le bein
◇AXIS GALLERY
◇HIGH-KYO
◇ギャラリーさる山

-shibya,aoyama,daikanyma-
◇ワタリウム美術館
◇Bunkamura ザ・ミュージアム
◇松濤美術館
◇NO12 Gallery
◇パルコ・ミュージアム
◇ヒルサイド・テラス
◇岡本太郎記念館
◇スパイラル
◇cibone
◇DAZZLE

-shinjuku area-
◇ICC
◇東京オペラシティアートギャラリー
◇文化学園服飾博物館
◇GAギャラリー
◇ラ・ガルリ・デ・ナカムラ
◇KENJI TAKI GALLERY
◇新宿眼下画廊
◇THE ART COMPLEX CENTER OF TOKYO

-ikebukuro area-
◇切手の博物館
◇オレンジ・ギャラリー

-ginza area-
◇ギャラリー椿
◇ハウス・オブ・シセイドウ
◇ギンザ・グラフィック・ギャラリー
◇不忍画廊
◇池田美術
◇ポーラミュージアム アネックス
◇和光ホール
◇ギャラリー小柳
◇hggrp
◇Ecru+HM
◇nichido contemporary art
◇ヴァニラ画廊
◇CHANEL NEXUS HALL
◇メゾン・エルメス
◇ギャラリー無境

-downtown area-
◇江戸東京博物館
◇東京都現代美術館
◇弥生美術館・竹久夢二美術館
◇SCAI THE BATHHOUSE
◇朝倉彫塑館
◇シュウゴウアーツ
◇タカ・イシイギャラリー
◇小山登美夫ギャラリー
◇ギャラリーエフ
◇palabolica bis
◇TARO NASU
◇馬喰町ART+EAT
◇ラディウム・レントゲンヴェルケ
◇CACHI contemporary art shima
◇GALLERY MOMO
◇ギャラリー川松

-shinagawa,odaiba-
◇日本科学未来館
◇原美術館
◇東京デザインセンター
◇汐留ミュージアム

-ebisu,meguro,shirokane area-
◇東京都庭園美術館
◇東京都写真美術館
◇MA2 gallery
◇目黒区美術館
◇高橋コレクション
◇山本現代
◇ミヅマ・アートギャラリー
◇畠山美術館

-kudanshita,nihonbashi-
◇東京国立近代美術館
◇三井記念美術館
◇宮内庁三の丸尚蔵館
◇成山画廊
◇印刷博物館

-setagaya-
◇世田谷美術館
◇五島美術館

-ogikubo,koenji,kichijoji-
◇feve
◇にじ画廊

[SAITAMA]
◇うらわ美術館
◇埼玉近代美術館
◇彩の国Visual Plaza

[CHIBA]
◇川村記念美術館
◇佐倉市立美術館
◇千葉県立美術館
◇メタルアートミュージアム 光の谷
◇千葉市美術館

[KANAGAWA]
◇岩崎美術館
◇神奈川県立近代美術館
◇横須賀美術館
◇川崎市岡本太郎美術館
◇そごう美術館
◇光と緑の美術館
◇箱根ラリック美術館
◇ポーラ美術館
◇横浜美術館
◇神奈川近代文学館
◇鎌倉文学館

[OTHER]
◇札幌芸術の森美術館
◇青森県立美術館
◇十和田市現代美術館
◇弘前市立博物館
◇群馬県立近代美術館
◇富弘美術館
◇穐葉アンティークジュウリー美術館
◇宇都宮美術館
◇茨城県近代美術館
◇天一美術館
◇群馬県立館林美術館
◇水戸芸術館
◇池田20世紀美術館
◇ビュフェ美術館
◇フジヤマミュージアム
◇小海町高原美術館
◇山ノ内町立志賀高原ロマン美術館
◇金沢21世紀美術館
◇ペイネ美術館
◇豊田市美術館
◇MIHOミュージアム
◇奈義町現代美術館
◇広島市現代美術館
◇植田正治写真美術館
◇田部美術館
◇山口情報芸術センター
◇丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
◇地中美術館
◇香川県立東山魁夷せとうち美術館
◇朝倉文夫記念館
◇アートギャラリー町の入口

 さまざまな風景conGuillermoRizzotto at 旧グッゲンハイム邸
バルセロナ在住のアルゼンチン人ギタリスト、
ギジェルモ・リソットとともに過ごした2日間。

物語は2年前の初来日、
姫路ハンモックカフェでのアルゼンチンリズム・ワークショップからさかのぼります。
ライブまでの空き時間にふたりで歌ったエドゥアルド・ファルーの
「古き愛のトナーダ」がご縁で、再びこの曲をドゥオで歌うことになるなんて
その時は夢にも思いませんでした。

@旧グッゲンハイム邸
11705291_930549500345967_5712931223198447423_n.jpg

11666123_10200622217234901_596787854424144238_n.jpg
この日はものすごく激しい雨だったんですが、
出かける午後には見事に降り止む。
響きの美しい、海辺の古い洋館です。
ギジェルモはこの場所を一目見て気に入り、
ここでは生音がふさわしいよとすぐに言いました。

kawole_rizzotto1.jpg
ほんとうにたくさんの方に来ていただいて満員御礼。
音色がとにかく深く強く、そして繊細。
南米アルゼンチンの土着のリズムの上にコンテンポラリーな彩色、
そして空気の目を編みこむようにやさしく密やかな音楽です。


kawole_rizzotto16.jpg

kawole_rizzotto20.jpg
この日の通訳に入ってくださった神戸大学の高橋百合子教授。
彼女は南米の政治研究をしている、わたしのとても大切な友人です。
ギジェルモもスペイン語を話すときはやはり饒舌でのびのびしていました。
おもいでの曲「古き愛のトナーダ」。それから「野の花のように」。
ドゥオはとにかく、かれが歌う副旋律とのハーモニーがこの上なく心地よく、
音楽の中にいる至上のよろこびでした。
アルゼンチンサンバ「野の花のように」は、インディオとの混血の苦悩を歌ったもので
その儚い野の花に想いをのせて感情の流れのままに歌うことのよろこびが
歌われています。
リズムは2拍子と3拍子が入り組んだ深いリズムで、
ほんとうに難しいのですが、詩世界の奥深さにアルゼンチンへの想いがひろがりました。


kawole_rizzotto14.jpg

kawole_rizzotto15.jpg
そして、この日サポートで手伝ってくれた藤井拓君も交えて。
ギジェルモは抹茶を立てたり、禅に関する本を読んだりする日本通なのですが
どうしても一緒に日本語のうたをやりたかった。
3人で尾瀬に想いを馳せる「夏の思い出」中田喜直さんの曲です。

リハーサルでは、知らない曲のはずなのにみるみる自分の音楽に吸収してゆき
ここは情景に感情を乗せたいからもっとゆっくりためるように、など
やはり一流の音楽家は言葉を超えた感覚をつかみとるものなのだなあと。
他のライブ会場ではみることができないとても美しい貴重な1曲になりました。

kawole_rizzotto2.jpg
本番できみは一番美しく歌っていた、と言ってもらって
本当にうれしかった。とても強く優しい人でした。

kawole_rizzotto21.jpg

kawole_rizzotto19.jpg
この日のフードは料理研究家の友人フジノマキちゃんに、
渾身のアルゼンチン料理を作ってもらいました。
エンパナーダはミートパイ、チョリパンというソーセージサンドは
ソーセージまで手作りで、とにかく会場は愛にあふれてまぶしいくらいでした。
アルゼンチンワインとマテ茶、アルゼンチンのお菓子アルファホールまで
すべて大切な友人たちで作り上げた素晴らしい夜。

kawole_rizzotto4.jpg

kawole_rizzotto3.jpg

kawole_rizzotto9.jpg
名古屋からは南米音楽ライターの谷本雅代さんもかけつけてくださいました。

kawole_rizzotto10.jpg

kawole_rizzotto13.jpg

この最後の1枚はギジェルモからのプレゼントです。
深い青のポートレイト。
kawole_rizzotto22.jpg


こころに深く響く日々をどうもありがとう。
また会う日まで。

gracias para todos,
kawole


日々 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/07/06(月) 15:00)

 KYOTO Graphie 京都国際写真祭
5/10まで開催の京都国際写真祭。

最近は体調がすこぶる悪く、
外出でいちにち外にいると喉がはれあがるし
頭痛の次は吐き気、続いて動悸と、からだは重いし、
ほとんど食事もうけつけない日々です。
環境の悪化をからだでうけとめながら、
そんな自分とリンクするような
自然主義の写真にこころを奪われました。


フォスコ・マライーニ 海女の島・ルガノ文化博物館コレクション
@祇園新橋伝統的建造物
IMG20140619182815504_900_700.jpeg

maraini_fosco1.jpg

donne-hc3a8kura-fosco-maraini1.jpg

1950年代の能登舳倉島・御厨島で撮影された素潜り漁の女の写真群。
海にまもられた日本という小さな島国の、
島国であることの原風景は
瑞々しくよろこびにあふれ、自然への畏怖と賛美に満ちている。
素晴らしいかつての日本民族の記録。
現在では埋立と工場と管理によって失われてしまった海岸で
水族たちは細々と暮らし、
その姿にヒトの姿を重ねあわさずにはおれなかった。

読みたい本。

海女の島 舳倉島 〔新装版〕 (転換期を読む)海女の島 舳倉島 〔新装版〕 (転換期を読む)
(2013/09/30)
フォスコ マライーニ

商品詳細を見る



unnamed (2)
会場になっている祇園新橋伝統的建造物は先日まで天ぷらやさんだったのですが
残念ながら閉店されたようです。

unnamed (3)
写真とともに造形作家オリーバー・フランツさんによる竹のオブジェも見事で
最も印象にのこる展示になりました。


マルティン・グシンデ フエゴ諸島先住民族の魂‐セルクナム族、ヤマナ族、カウェスカー族
@京都市役所前広場
tumblr_m76bbiOsDM1qcz8zio1_1280.jpg

2_201504281400359df.jpg

images_201504281400300ef.jpg
パタゴニアにかつて暮らし、消滅した先住民の記録。
閉鎖的で厳しい環境のなかで、儀式はどんどん芝居がかっていったらしい。

「犠牲」とは、
唯一の自分のものである身体であるからこそ、
誰かに自らの身体や肉を与えることは、本当に唯一のものを与えるという神聖な行為なのだと感じました。


ルーカス・フォーリア A natural order 自然に向かう人々
@有斐斎 弘道館
lucas-foglia-acorn-with-possum-stew.jpg

LucasFoglia_print.jpg

LucasFoglia_NaturalOrder_093.jpg

この写真は過去のものではなく、現在アメリカにおいて都市を捨て
森林や荒野で自給自足する人々を撮った記録です。
とはいえパソコンを所有し、ソーラーパネルで携帯電話を充電するといった
現代社会との共存をしながら、不必要な消費を限界まで削る生活。
手作りの土器、毛皮、石器のようなものも展示されており
とても興味深かった。
参考資料として閲覧可能だった英語の手刷りの冊子には
食べられる植物や、革のなめしかた、
体調が悪い時にとるといい植物についてなど
自然環境の中で暮らす知識について書かれていました。

そして、詩集「光を求めて」フォレスト・ガングー

自然の秩序。
みんなしらないだけ。いのちのつながりは
いつも不思議。光を求めて
動いている。

目の前で草が伸びていく信じられない。
マスコミが世間に知られたくないこと。
法律家はやりたい放題、でもやつらは法律には従わない。
それが真相なのに世間は知りもしない。

ここではすぐさまくつろげた。
はじめてアライグマの皮を剥いだとき、あまりにも
胎児に似ていて泣いてしまった。

世界に終わりがいつくるのか
くるかどうかもわからないけれど、来なければ
それはそれでわたしたちは困らない。

弓と矢でウサギを狩った。
同じ志の人たちと暮らしたい
そうすれば自分の生に
因果関係を見いだせる。

自然の秩序。

(抜粋)

インタビューから起された詩だそうです。
死についてのくだりもありました。

会場の有斐斎 弘道館。
能や茶道についての講義などがよく開催されている場所。
unnamed (1)


自分自身がアート展や美術館を訪れる最大の目的は、
世界で現在起きているであろう、
同じ感覚を持って次の次元を推し進めようとする人たちとの感覚の共有で、
点のように地球上に散らばった人たちが、同時多発的に表層化させる同等のムード(としかいいようがない)
に、自分の存在を確信させることにあると
今回つくづく感じました。

この国際写真展のテーマが「TRIBE」とされていることも大いに頷ける要素で
もはや血や種といったことではなく、同じ思想、意識をもった部族と響きあうことで
自分の生き方や表出方法の模索へのヒントを見出して行くのだろう。


その他、
マルク・リブー アラスカpresented by CHANEL
@誉田屋源兵衛 黒蔵
unnamed (5)
アラスカ写真もよかったですが、インド、中国、中東、日本の1950から1960年代の閲覧用写真集が素晴らしかった。

フランシス・ウルフ フランシス・ウルフとブルーノートレコード
@嶋䑓ギャラリー
unnamed_20150428134031b2f.jpg
こちらはかつての酒蔵です。
ブルーノート時代のコルトレーンやマイルスなどを撮った有名な写真数々。
レコードの視聴ゾーンも。

ロジャー・バレン Shadowland1969-2014 ロジャー・バレンの世界
@コムデギャルソン
映像のみ開館。
南アメリカでのどこにでもある死、貧困や盲目、身体的障害などの社会的マイノリティーを追った
かなり暴力的な映像でした。
とても違和感を感じたのが、写されている人々の凄まじい貧困と、
会場の高級ブティックとの対比。
何万もする衣服を買い求める人たちは、このバイオレンスを「かっこいい」「クール」
とみているのだろうか。企業のありかたこそ問われる。

興味を惹かれなかった展示。
オリバー・ジーバー イマジナリー・クラブ
山名佑介 tsugi no yoru e
クラブカルチャーや都市の表層的病理にはいまはほとんど興味を惹かれなくなってしまった。

時間の都合ですべて見れなかったのが残念でしたが
やはり響くものに出会えるよろこびは生きる糧になる。

ゆっくりコーヒーをのめるような体調ではなかったので
また元気になったら京都にも足をのばせるといいな。


unnamed (4)

unnamed (6)

unnamed (7)

unnamed (9)

おまけ。
ゆうぐれの庭に、水をのみにやってきたパンダねこ。
unnamed (8)

kawole




日々 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:2
(2015/04/30(木) 13:45)

 Feliz ano novo
2015年。

最近はfacebookのせいで、
ずいぶんブログをさぼっていましたが
今年はまたいろんな感じることを
書いていければいいなと思う新年です。

年末来、おなじみになってしまった風邪ひきで
今年も空を眺めて寝正月。
雪がふってくれました。
水がとまる、
結晶。

2014年から2015年にまたいでライブだった今年の
写真です。
トランスジェンダー、beyond borders
もっと、自由で、
越境してゆける翼をもてるように。

暗示的な夜でした。
バンダ・ヂ・ブリンケードスでの出演!
unnamed (3)

unnamed_20150105232153fc2.jpg

unnamed (2)

unnamed (1)

さいしょに鳥かごを描くんだよ
戸口を開けてね

それからお描き
なにかかわいらしいものを
かんたんなもの
きれいなもの
なにか鳥に
役立つものを

それから木にカンバスをたてかけるのさ
庭のなか
森のなか
林のなか どこでもいい

それからなんにもいわないで
ぜったいみうごきしないで
しーんと静かにしているんだよ
鳥がかごに入るのを待っているんだ
鳥が中に入ったら
絵筆でそっと戸をしめる
それから
桟を一本一本消していく
木のうしろにかくれるんだよ

ときには鳥がすぐやってくることもある
けれど
鳥が決心するまで
何年かかかることもある

がっかりしないで
待っておいで
何年も待たされたって待っておいで
鳥がくるのが早くなっても遅くなっても
絵のできあがりには
関係ないのさ
鳥が来たら
もし来たら
鳥の羽根にさわらないよう気をつけてね

つぎに木を描く
鳥のために
いちばんきれいな枝を選んで
緑の葉影 涼しい風
日ざかりの埃
暑い夏の草むらにひそむ
けものたちのざわめきをも描く

それから鳥が歌いだすのを待っているのさ
歌わなかったら
まずいしるしだ
絵がまずかったしるしなのさ
でも歌ったらいいしるし
署名を入れてもいいしるし

そしたらあなたは鳥の羽根を
そっと一本引き抜いて
絵の片すみにあなたのなまえを書き入れなさい。



よろこびに満ちる一年をつくれるように。
願ってやみません。


kawole


日々 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2015/01/05(月) 23:41)

 fotorandom 9月
部屋に星ひとつふえました。

10392432_791584040909181_1354164062229446206_n.jpg

9月の思い出。

永見行崇さんと@Heaven’s cafe
10411168_391459774343266_3768685545509389506_n.jpg

10698639_391459811009929_4300407323057174651_n.jpg

cafe saitasaita
フルーツのかおりいっぱいの店でPRETPOPRATOのライブ。
10346219_776790002388585_4168878759379560082_n.jpg

10665392_776790062388579_3357917186352539818_n.jpg

ギャラリーはしまや@岡山

神戸のギャラリー展でなかよくなった点描画家の黒岡千夏ちゃんと
ジュエリー作家内山貞和さんのふたり展での演奏旅行。
10678673_776253432442242_6119787441932460888_n.jpg

10670085_776253465775572_3704747073558439611_n.jpg

481297_776253542442231_6801800367050313605_n.jpg

10628494_776253572442228_2855049537616817340_n.jpg

倉敷の町は美しかったです。
町屋に泊めていただいて、
夜は倉敷の名店新粋とつねやで、さわらのお刺身と地酒。
しめのお雑炊は、リヒテルも食べたという濁りのないきれいなスープでした。
10632883_776793992388186_7978788295812173448_n.jpg

1618444_776793942388191_796261273324229836_n.jpg

1551761_776794035721515_5465274952449052391_n.jpg

10689580_776794079054844_7145000037559816093_n.jpg

倉敷散策。
翌日はクレパス画家の檜尾くるみちゃんの作品展へ、
問屋町のまいまいさんへ。
10702001_776253365775582_6773962816684470222_n.jpg

10629861_777336649000587_4672166545363544342_n.jpg

984210_776253402442245_8312919583774181535_n.jpg

10670128_777336692333916_6203793980414495370_n.jpg

10492200_777336709000581_2325079088293085543_n.jpg

天満音楽祭プレイベント
ぐる環ライブ!
環状線に乗ってライブをみるという
画期的な企画。
この日はバンドネオンの生島大輔君とタンゴを。
14980_780552502012335_2528340443515724369_n.jpg

10414638_780552555345663_8758671961873104826_n.jpg

10534724_780552475345671_207972523439353055_n.jpg

1800356_780552635345655_2767273185969659779_n.jpg

10653671_775415912495967_292540854641057565_n.jpg

そして新月の夜は、初めての企画
朗読カフェでした。
みんながそれぞれすきな本を持ち寄って
すきに読み、それにみみを傾ける夜です。
なみだあり、爆笑ありで、ほんとうにいい夜になりました。
また12月の新月に開催しますのでぜひ参加してみてくださいね。
10425848_778336918900560_979716958339319762_n.jpg

10351181_778336958900556_3356415358280567493_n.jpg


kawole
日々 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/10/23(木) 14:51)

 fotorandom 8月その2
8月の思い出その2。


@広島鞆の浦
山にたくさん行ったので、次は海がみたかった。

古い灯台の近く。湾を望む。
ほんとにちいさな漁港。
unnamed (9)

unnamed (6)
であったおじさんに教えられて
地元の定食屋さん。
小魚定食750円。
unnamed (2)

unnamed_20140910121209f9c.jpg

unnamed (7)
なにしろ路地がメキシコのようだった。
タスコの町を思い出した。
unnamed (8)

unnamed (5)

舟で仙水島に渡りました。
往復250円。
何時間海岸にいただろう。
ほとんど裸になってねころがって、散歩して
海に入って、石をひらって、
とんびの群舞をみて、いたちが海岸から魚を運ぶのを見て。
隆起してできたこの島は、
何度も活動を繰り返し、五色の岩を内包している。
なにかがはじまる場所だよ、と教えてもらって、
ゼロ磁場、ニュートラル、
ただただエナジーを受け取る。
unnamed (3)

unnamed (1)


unnamed (4)
また近いうちに訪れたいです。

8/31は最後に自宅近くのビーチまでちゃりりん。
雲が太陽にチューしていました。
この日はこの夏最後の野外ライブ。
Banda de brinquedosおもちゃの楽団!!
たのしかった!

unnamed (15)

unnamed (16)

unnamed (17)

unnamed (14)

unnamed (20)

unnamed (19)

unnamed (21)

unnamed (18)

たくさんの記憶と体験をよろこびにのせて。
きっとすばらしい人生。
unnamed (22)

おまけ:
関西テレビふぁんたんらいぶも。
unnamed (23)

unnamed (1)

unnamed_20140910131431a78.jpg

またどこかで会える日を。


kawole


日々 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2014/09/10(水) 13:15)

前のページ 次のページ
copyright © 2005 kawole all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア